坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいこともあります)の原因って何か、ご存知ですか? ・椎間板ヘルニア ・腰部脊柱管狭窄症(早期に治療することにより、手術を回避できることが多いものです) ・変形性腰椎症 これらが坐骨神経痛の原因になっています。 まず、椎間板ヘルニアだからって、椎間板とは軟骨のことで、腰の椎間板が飛び出したりすることを椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)といいます。 椎間板ヘルニアになると、神経を圧迫してしまうのです。 これが原因で、坐骨神経痛になってしまうのです。 次に、腰部脊柱管狭窄症ですが、背骨のある脊柱管が狭くなり、それが腰の部分で起こることを腰部脊柱管狭窄症といいます。 腰部脊柱管狭窄症になると、椎間板ヘルニアと同じで、神経を圧迫します。 それによって、腰痛、足のしびれなどが起き、坐骨神経痛になってしまうでしょう。 お終いに、変形性腰椎症ですが、腰椎が変形することで神経を圧迫してしまい、腰痛や足のしびれなどが起きることを変形性腰椎症と呼びます。 変形性腰椎症は、坐骨神経痛だけでなく、腰部脊柱管狭窄症になってしまうこともありますー